網羅性・更新性の高いリンクトデータ(Linked Data)は世界をつなぎ、新しいコンテンツ・価値との出会いを生み出します!

構造化データとは?

  • HOME »
  • 構造化データとは?

セマンティックウェブを実現させるための手段が「構造化データ」です。 セマンティックウェブは検索エンジンが情報を的確に収集・解釈できるようにし、ピンポイントでユーザーが求める情報を提供できるようにする構想です。
ネットを知識のリンクトデータベースに進化させることを目的にしています。

検索エンジンは言葉の意味は理解できずに単なる記号として言葉を把握しています。
構造化データは言葉にメタタグをつけ意味を持たせますから検索ロボットはよりユーザーの求める検索結果をユーザーに提供できるようになります。
ユーザーの役にたつ構造化データは検索エンジンからの評価が上がり、自然と検索結果の上位にあがるようになっていくのです。

たとえばあるマンガ作品について構造化する際には、

その作品は タイトルは○○で、 概要は○○○○で 作者は○○で、世界観は○○で、 作品が描かれた背景は○○○○、 社会に与えた影響は○○で 登場人物は○○です といったように情報を検索エンジンのロボットに伝えます。
このように構造化されたデータが増えていけば、検索エンジンのロボットも言葉の理解がより進み、文脈や、ほかの言葉との関係性の把握ががしやすくなり、ユーザーに適切な検索結果をかえせるようになっていきます。

株式会社リンクトデータは、ジャンルに捕らわれること無く、リンクトデータを作成し、活用していくことを目指しております。
皆様のお手持ちのコンテンツを構造化データにするお手伝いもさせていただきますのでお声がけのほどお願いいたします。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5357-1439 受付時間 10:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社リンクトデータ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.